ようこそ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員

ジャージってそもそも何?

小学校・中学校・高校、、、と誰もが知っていて誰もが一度は着たことのあるジャージ。ですが、実は機能も素材も驚くほどに進化を遂げていて、一言では決して語れない”ジャージ”の真実。

あなたが思っている”ジャージ”って、それ本当にジャージ?

まずは、基本的なところから深ーい話まで、これさえ知れば必ずあなたにピッタリのジャージが見つかります!

<STEP.1>基本編

スポーツウェアの基本形!
オールラウンダーウェア

POINT1. 伸びる
元々ジャージは、”ジャージ素材という素材そのもの”を指しています。その素材が伸縮性のあるニット素材(編物)でそれを使用したスポーツウェアをジャージと総称しています。なので、伸びること!が第一条件。

POINT2. 汗をかいても快適
通気性が良く、乾きやすく快適なのも特性です。真夏以外のオールシーズン使える、オールラウンダーです。

ただ、通気性が良いために風を通すので真冬の着用は注意が必要!ウィンドブレーカーを上から着たりあたたかな裏地が付いた冬仕様のものに変えるなど工夫してみて下さい。

<STEP.2>生地編

軽くて快適なポリエステル
現在、ジャージと言えばポリエステル素材を使用したものが主流です。軽く耐久性があり、お手入れしやすいのが特徴です。

ただ、時々ウールや綿を混紡した例外もあるので注意。

POINT1. タウン使いも!「定番系カジュアル」

ジャージとして思い浮かべる人も多い定番の生地感。adidasのジャージなどでもよく見かけ、カジュアルウェアとしてタウン使いもOKです。

POINT2. やや薄手「機能系ジャージ」
普段スポーツをしていない方にはあまり見慣れないかもしれないのがこちら。

やや薄手。表面が少しつるっとしていてスポーツとしての機能性に特化しているので、カジュアル使いは△。DESCENTE(デサント)に多く使われる生地感です。

<STEP.3>機能編

UVカット・消臭、、、
-進化する機能-

汗を素早く吸収して衣服内をサラサラな状態にキープしてくれる吸汗速乾(ドライ)機能や、UVカット、消臭や抗菌機能が付いたものなど高機能なジャージも続々登場!

ジャージの超進化版?!
-わがまま叶えるハイブリッド-

ジャージやスウェットに、ウィンドブレーカーなど異なる素材を切り替えて使用したものを”ハイブリッド”と言います。「腕やひざなど動かす部分は伸びるけど、お腹や背中は風を通さない」など、両方の良いとこ取りが出来るハイパフォーマンスウェアです。